結婚式の料理はどうする?満足できる内容にする方法


結婚式の費用を占める料理

結婚式を挙げるときには予算を考えながら式場や内容を考えていきますが、意外に費用を占めているのは実は料理だったりします。参列したことがある方であれば、前菜から始まってメインや締めの料理などを食べて満足できればそれだけで「来て良かった」と思えるぐらいです。それだけ満足度を左右する要素となりますから、節約したいと思ったときに手を抜きすぎてしまうと後で反省する事になるので注意しておきましょう。

どれぐらいの品数が必要?

一般的に供される料理はフランス料理であることが多いですが、この場合は9品程度出されます。和食や中華も同じ数ぐらいが基準で、イタリアンだとパスタが入ってボリュームがある分6~7品と少し数としては減ったりするので、フェアに参加しながら料理の内容を見比べてみましょう。多すぎても食べ切れませんが、数が増えるとその分だけテーブルも華やかに見えますので、丁度良い量を考えながら決めて下さい。

全体のバランスを取ろう

人の感覚は難しいもので、どれだけ料理が美味しかったとしても品数が少ないと物足りなく感じて満足度が下がったりする事があります。ゲストの層を考えながら、量を重視するのか、それとも味に力を入れたいのか、プランナーや家族にも相談しながら詳細を詰めていきましょう。料理であまり節約を考えると全体的にみすぼらしくなってしまいがちです。特にメインがぱっとしないとゲストの方々の印象も悪くなってしまいますから、料理選びには細心の注意を払いましょう。

京都の結婚式場というと、神社で和式の式を挙げるという印象がありますが、一般的な結婚式場も多くあります。和式ではなく様式のスタイルに対応している式場も多く、派手な結婚式を挙げることも可能となっています。